管理者のキャッシング経験2“初めてのキャッシング”

  • HOME > 多重債務についてのコラム > 管理者のキャッシング経験2“初めてのキャッシング”

キャッシングを作る

 私は幼いころ両親に、
「お前は金使いが荒く、計画的な使い方が出来ないから借金はしてはいけない」といわれて育ってきました。
 しかしながら、毎月両手近くのお給料を貰っていた私には、そんな言葉を思い出すハズもありません。

 「お金を借りても翌月には全部返せるから問題ない」と強気で無人契約機へと向かいました。

 初めてのキャッシングは、“銀行系キャッシング”でした。
 選択の決め手は、無人契約機が近所にあり、実質年率が他に比べて低いことでした。

 無人契約機に入るとすぐに、室内に設置されている電話機が鳴り、オペレーターの親切な案内で、申込契約書を簡単に書き込むことができました。
 給料明細を持っていたので審査はスムーズに進み、あっという間にキャッシングカードを作ることができました。

 無人契約機の場合、手続きが完了するとキャッシングカードが即座にその場で発行されます。
 そして、カードを使ってすぐにお金を引き出すことが出来るのです。

 私は、無人契約機の隣りに設置されているATM機から、すぐにお金を引き出して夜の街に繰り出しました。

管理者のキャッシング経験3「簡単・安全なキャッシング」へ