管理者のキャッシング経験5“ギャンブルの恐ろしさ”

  • HOME > 多重債務についてのコラム > 管理者のキャッシング経験5“ギャンブルの恐ろしさ”

キャッシングでパチンコ

 久しぶりにパチンコをすると、なぜか大勝ちすることがあります。
 私も同様に、初めのうちは順調に勝つことができました。そのお陰で少しキャッシングを返済しました。

 しかし、やはりパチンコはギャンブルです。勝ち負けの予測できないギャンブルで借金を返済しようなど、まともな大人の考えることではありません。
 当然のように負けが積み重なり、借入額はさらに増えることとなります。

 この頃には、夜に飲み歩いたり、高価な物を買うことはもうできませんでした。
 お給料を貰うとすぐアパートの家賃、電気、ガス、水道など公共料金を払い、残ったお金でやり繰りです。
 会社ではパチンコのことばかり考え、お給料は、同じ歳の友人より大きく下回るほど少なくなっていました。
 お気に入りの車も売り払い、ローンだけが残りました。

 それでも、キャッシングの返済日は毎月必ずやってきます。
 この時の借入総額は、130万円ほど。毎月の返済に5万円近くの必要最低返済額がかかりました。

 なんとか、やり繰りは出来ていましたが、さらにパチンコの負けでジワジワと借入額は増えていきました。

管理者のキャッシング経験6「複数のキャッシング」へ