キャッシングと多重債務について

  • HOME > 多重債務についてのコラム > キャッシングと多重債務について

キャッシングと多重債務について

 多重債務とは、複数の賃金業者からの借り入れにより、返済が困難な状態を主に指します。
 現在、多重債務者の増加が社会問題となっています。

 多重債務者増加の背景には、世の中の不況の煽りも大きく影響していますが、キャッシングとその他の賃金業界の影響も見逃すことは出来ません。

 例えば、パートやアルバイト、主婦であっても比較的借り易いことや、借り手の返済能力を無視した大金の貸し出しなどです。

 そのため、平成18年165回臨時国会にて多重債務者増加を防止するための「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」が平成18年12月13日に成立しました。

 これにより、現在までは出資法の上限金利29,2%(年利)を適用してきた賃金業者は一様に、利息制限法の上限金利15%〜20%(元金によって決定)まで引き下げなければならなくなりました。

貸付金額 旧最高金利 新最高金利(現行)
元金10万円未満 29.2% 20%
元金10万円以上100万円未満 29.2% 18%
元金100万円以上 29.2% 15%

 また、この法改正により、賃金業者からの総借入額が借り手の年収の3分の1を超える借り入れは原則禁止となりました。

 これらの改正点はすべて、消費者保護の観点から制定されており、キャッシング業界がより安全で身近になりました。

 しかしながらまだ施行まもなく、多重債務者は少なからず増えると予想されています。
 借り手である私たち自身が、自分の生活を考えながら利用する事が大切です。