クレジットカードを作るなら「カードマスター」で初めてでも安心の1枚!

クレジットカードを作るならカードマスター
カードマスター HOME
最適クレジット選び

クレジット基本知識
クレジットカードの
ランク
国際5大ブランド
更新・年会費について
カードが来たら
まずサイン
クレジットカードを
落としてしまったら
キャッシング機能
カード選びは
使用目的に合わせて
クレジットカード
番号の取り扱い
クレジットカードの
使用上限

クレジットまめ知識
ポイントサービス
について
オススメ!
カード使用方法
ポイントサービス
の裏技
携帯電話で
クレジット拒否!?
2ちゃんねるで
情報漏洩

公的機関一覧

クレジットカードを作るには?

 クレジットカードを作るには、インターネット申込みが大変お得に作れるようになっています。
 またウェブ申込みでは各カード会社も、顧客獲得のために初回特典がたくさんついたクレジットカードが多くあります。作る際にも得しちゃいましょう!

クレジットカードを作るなら

 現在、様々なクレジットカードがあります。
 そのため、種類が多すぎて選べないという方、今使っているカードで「損をしているかも」という方など、初めての方も含めクレジットカード選びに困っている方が非常に多くいらっしゃいます。

 クレジットカードは、知らずのうちに損をしてしまう場合があります。

 クレジットカードを作る時に考えるのが、「損をするのがイヤ」「安心のカードは?」「使い勝手の良いのは?」と言った事ではないでしょうか。

 公共料金の引落しやガソリン燃料、携帯料金、お買い物の際のご使用に大変便利なクレジットカードは、今では、一人一枚以上持つことも当たり前の時代となってきました。
 せっかく作るのであれば、よりお得なカードを選びましょう。

当サイトの使い方のご案内


初めて作る方も安心!クレジットカード

 初めてクレジットカードを作る方にもオススメの年会費無料カード!
初めのうちは、たくさん使うかどうかも分かりません。だから、年会費無料で使わなくてもお金が掛からないカードをご紹介。


セブンカード・プラス

 セブン&アイホールディングスのnanacoポイントクレジットカード!nanacoを良く使う方には凄いおすすめ!

 使ってる人は分かると思いますが、コンビニを良く使う人にとってnanacoポイントって意外とお得なんですよね^^それがさらに倍お得になるカード!
 セブンカード・プラスなら、どこでカードを使ってもnanacoポイントが貯まります♪

 ちなみに、このカードは年会費1000円なのですが、年間5万円以上のカード利用で年会費無料になります!年間5万円なら、携帯料金の引き落とし設定で簡単に超えてしまう金額!もちろん、その引き落としでnanacoポイントゲット♪
 nanacoポイントは、本当にお得なのでピックアップしました^^

 今使っているnanacoがある方は、そちらにポイントが貯まるように出来る<nanaco紐付型>を選びましょう^^ノ
 カードを使う度にnanacoポイントが勝手に増えていく♪

 セブンカード・プラスを使ってnanacoチャージもできるから、いざって時にも安心です♪
(クレジットカード払いチャージは事前の登録が必要です)

 nanacoポイントだけじゃない!
イトーヨーカドー、ネットスーバーで毎月8、18、28日は食料品、衣料品などが5%割引です!

 ETCカードは年会費無料で、今後に利用予定がある方にも便利♪
イトーヨーカード、デニーズ、ヨークマートその他系列・提携店でもポイント高還元です!

提携国際ブランド VISA JCBカード

>>セブンカード・プラス詳細はこちら<<


セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

 クレジットカード大手クレディセゾンが発行する定番カード「セゾンカードインターナショナル」。

 年会費永久無料!ETCカードをお考えの方も発行手数料・年会費が無料で作れます!

 西友・リヴィン・サニーといった西友系列店で毎月5日・20日は5%割引♪
 カードを使う度に貯まる永久不滅ポイントは有効期限無しだから、忘れていても無くなってしまう事はありません♪

 セゾンカードはインターネットショッピングに強い!
クレディセゾンが運営する永久不滅.comサイト経由で、楽天市場やYahoo!ショッピング、アマゾン、DHCなど有名ネットモールを利用すれば、永久不滅ポイントが最大20倍!!
 しかも、楽天ポイントやTポイントなど、それぞれのポイントも当然貰えるから、お得度は未知数です(汗)
 <セゾン オンラインプロテクション>付きで、ネット不正利用の損害も補償されているから安心^^

 さらに、大手クレジットカードだからこその優待ショップ割引サービスが充実!
 セゾンカード提携店での割引やお得情報が本当に豊富♪セゾンカードを使っている方は必ずチェックしましょう。

提携国際ブランド ビザカード マスターカード JCBカード

>>セゾンカードインターナショナル詳細はこちら<<


ジャックスR-styleカード(リボ専用)

 クレジットカードの老舗、ジャックスのリボ払い専用クレジットカードです。
 リボ払いって、いくら使っていても毎月定額支払いのこと。だから、毎月無理せずに引き落とし♪

 リボ払い専用カードだからといって、使える場所が限定されることは一切ありません^^普通のクレジットカードと同じ性能です♪

 ETCカードも本体も年会費永年無料!

 ジャックスR-styleカードのご利用ポイントも高水準還元率でどんどん貯まる!貯まったポイントは、ポイントカタログ商品購入やTポイント、マイルともポイント移行可能で、高待遇です!

提携国際ブランド ビザカード マスターカード JCBカード

>>R-styleカード詳細はこちら<<


クレジットカード情報

・当サイトに「P-one FLEXY」リボ払い専用カードが登場!

・初めてクレジットカードを作るなら?
年会費無料のクレジットカード

・毎月定額でゆとりの返済をしたいなら?
リボ払い専用クレジットカード

初めての方おすすめ年会費無料クレジットカード

 初めてカードを作るときは、いろいろと不安がいっぱいですよね。
初めてクレジットカードを作るなら、やっぱり年会費永年無料のカードで、少しずつ使い方に慣れていくのがベストじゃないでしょうか。
 実際、クレジットカードを作るのに抵抗がある方、結構いらっしゃいます。

 それでも社会人になると、クレジットカードの1枚は持っていないと、何かと不便です。
 それに実際に作ってみないと、クレジットカードの便利さや、自分にあった使い方も永遠に分かりません。

 年会費無料なら、ただ作るだけではお金が掛かることはありません。
「やっぱりクレジットカードは、自分の生活スタイルに合わないな」と思ったら、ただ作るだけでもいい訳です。
 いざという時に、サッと出せるクレジットカードを1つ作ると非常に便利です。

初めてのクレジットカードの返済

 意外と戸惑うのが、クレジットカードを作って初めての返済です。

 クレジットカードは、返済時期が1〜2ヶ月近く後になってからやってきます。「忘れた頃」という感覚に近いですね。

 そして、銀行引き落としが基本。
引き落とし日に口座に返済額以上のお金が入っていないと、引き落とし処理が出来ません。“滞納”ということになってしまいます。

 クレジットカードは、信用取り引きです。そして“滞納”は、その信用を一気に無くしてしまいます。つまり、いつ止められてもおかしくないという状況です。

 クレジットカードを作る上で、信用は大切です。
「今は現金がないけど、引き落とし日までにはお給料も入るからカードを使う」というのは、別に間違った使い方ではありません。ただ、約束の引き落とし日の前には必ず口座の残高を確認しましょう。

 また、従来のクレジットカードは皆、引き落とし日の1週間ほど前に、引き落とし明細書が送られて来るのが一般的でした。
 しかし、昨今のエコブームやカード会社の経費削減から、明細書の代わりにWEBで明細確認というのが主流になりつつあります。

 初めてクレジットカードを作る方は、引き落とし日を忘れてしまいがち。
 オススメとして、初めてのうちは従来通りの方法で明細書を郵送してもらい、慣れてきたらWEB明細に切り替える方法が、スムーズにクレジットカードに馴染めるのではないでしょうか。

クレジットカード市場の拡大

 古くから消費者と繋がりの深いクレジットカードですが、ここ数年のインターネット購買層の拡大に伴って、クレジットカード市場がさらに大きくなっています。

 2011年度のクレジットカードショッピング市場規模は約39兆円と、前年より約106%の拡大を見せています。
 39兆円という数字がすでに途方も無いですが、それだけのお金が電子取引で動いていると考えると、凄い世界になったなと思いますね^^

 クレジットカードは信用取り引き。まさに信用が無いとこれだけのお金が電子取引で動くなんて考えられません。
 確かに、現在のクレジットカードは年会費無料で使い勝手の良いカードが多く出回るようになりました。そして、カード開設の門戸を広くして、取引上に不良顧客の要因があると素早く対処、カード停止などの措置となる傾向があります。

 以前のクレジットカードは年会費有料が当たり前で、その代わり多少の返済遅れにも融通が効いた感覚がありましたが(汗)、各クレジットカード会社が、競争して優良顧客の囲い込みをしながら不良顧客は早めに対処という、超合理主義市場となっています。

 これから初めてクレジットカードを作るつもりの方にとって、それほど深く悩むことでもない話ですが、“信用を得る”ということは、これからもクレジットカードユーザーにとっては大事な部分ですね^^

 あっ、信用を得るといっても、ただ返済をキッチリと守るという当たり前のことを繰り返すだけですので、あしからず。

 初めてクレジットカードを作る際は、計画的な利用を心掛けましょう。

電子マネーとクレジットカード

 電子マネーとクレジットカードは、密接に繋がっています。

 皆さんもご存知の通り、携帯電話の進化・スマートフォンユーザーの増加などに伴って、電子マネーユーザーも増加しています。
 確かに便利ですからね、電子マネーで精算すると。小銭も出ないし、会計もスムーズでスピーディ。
 現在、私もレジの支払いの半分は電子マネーを使っています。もちろん、電子マネーが使えるカードを作る必要がありますが。

 そしてここで、電子マネーを使ったクレジットカードユーザーの囲い込み戦略も見えてきます。

 例えば、セブン&iホールディングスの「nanaco(ナナコ)」(先払い式)は、セブンイレブンやデニーズといった自社グループ内などで使える電子マネーです。「nanaco」で支払えばポイントバックがけっこう大きいです。
 コンビニ全国一の店舗数を誇るセブンイレブンだから、どこに行ってもありますしね^^そして、「nanaco」をチャージ(使える残高を増やす)できるクレジットカードが、以前はnanacoクレジットカードのみでした。。

 現在は、楽天グループの「Edy(エディ)」など他の電子マネーとの競争のため対応クレジットカードも増えましたが、その他にも交通系電子マネーSuica、PASMO、イオンの電子マネーWAONなど(すべて先払い式)、さまざまな電子マネーがあります。

 これら先払い式電子マネーの他に、後払い式電子マネーもあります。
JCBのQUICPay(クイックペイ)や、ドコモのiD、Speedpass、PiTaPaなどが有名ですね。
 それぞれの電子マネーでお得な割引が毎回受けられるので、自分の身近な電子マネーはカードを作るときに考慮しましょう。

 いろいろな電子マネーを挙げましたが、これらの換金や支払いには、やはりクレジットカードの利用が見えてきます。
 電子マネー利用は初めてクレジットカードを作るときに要チェックです^^

クレジットカードのリボ払いが優遇される理由

 リボ払いとは、毎月一定額の返済で限度額までクレジットカードを利用できる制度。
大抵の場合、リボ払い設定をすると、年会費が無料になったり割引されたり、またはポイントが余分に獲得できたりします。

 これは、カード会社からすれば、利息で利益が上がるために優遇して利用を促しているため。
つまり、「使ってくれれば儲かるから、ちょっとポイント還元しますよ」ということ。

 こう考えると、使いたくないなと思う気持ちにもなるけど、やっぱり使い勝手は良いんですよね^^
支払日にお金が厳しい時には、支払い計画を考えて”リボ払い”に換えるのも、正しいクレジットカードの使い方です。

 でも、リボ専用カードや一般クレジットカードでもリボ払いが積み重なってくると、毎月の返済は一定額だけど、利息がバカにならない金額になってしまうことも。。

 カード会社の大まかな収入システムとして、カード加盟店からの手数料、年会費、リボ払い・分割払い・キャッシングの利息が主な収入口ですが、中でもやはり利息の上がりは比率的に大きいわけです。
 しいては、クレジットカードユーザーの私たちの負担も大きくなるということですね。

 ユーザーの視点から見たお得なクレジットカードの使い方は、やはり一括払い(1回払い)を基本として、どんな支払いもカード払い優先でポイントを稼ぎ、ポイント還元をたくさん貰うのが理想です。
 その中で、支払い計画を考えて時々リボ払いを選択するのも有効なカードの使い方ですね^^

 一括での支払い能力に余裕があるのに、わざわざリボ払いを増やすのは、いくらポイントキャンペーンで一時期に得した気分になっても、後々それ以上の負担が掛かる場合もあるということを知っておきましょう。

 ちなみに、“2回払い”までは、利息が掛かりません♪
2回払いを有効に使うのも、賢いクレジットカードの使い方ですね^^

 現在では大抵のクレジットカードでリボ払いに変更出来ます。初めてカードを作る時にはチェックしましょう^^b

クレジットカード初心者に有りがちなイメージ

 初めてクレジットカードを作る人は、カードに対してのどんなイメージを持っているでしょうか?

 よく聞く言葉に「買い物は現金が一番」というのがあります。たしかに現金で商品を買えば借金をすることは絶対ありません。

 でも、です。別にお金に余裕があるけどカードで買った方が、カードでのポイントが付いてキャッシュバックやポイント移行でさらに得することができます。
 どちらがいいかと言えば、もちろん後者。「現金で購入すれば値引きします」って話なら別ですが、大抵は、クレジットカード決済の方が付加価値がお得です。

 「買い物は現金が一番」という人は、親からの教えをそう解釈しているのではないでしょうか。問題は、自分がどうやって管理するかです。

 元々クレジットカードは、お金持ちが商品を“つけ”で買えるようにしたことから誕生しました。
「あなたはお金があるし信用があるから、まとめて後で払ってくれればいいよ」ってことですね。

 クレジットカードを持っていれば、“お金持ち”として認められたわけです。いわば、お金持ちのステータスシンボルだったのです。

 時代は変わり、今では、働いて毎月ちゃんと収入があれば誰でもクレジットカードを作れるようになりました。しかも初めての学生でも、親の信用保証があればカードを作る時代です。
 だから、ステータスシンボルとしてのクレジットカードは、ゴールドカードやプラチナカードといったハイグレードのカードに移っていきました。

 しかし、どんなクレジットカードも使い方は信用払いの起源の頃と何ら変わっていないのです。

 あなたがもし、「買い物は現金が一番」と思ってカードを作らないのであれば、是非作ることをオススメします。
同じ金額の購入でポイント還元が付いてくるので絶対にお得になります。そして、現金での支払い能力が無い時には、クレジットカードでの購入を我慢すればいいだけのことです。

 初めてクレジットカードを作る方に言える事は、「計画的に使う」ことが出来れば、とてもお得になるということです。