クレジットカード返済方法 クレジットカードを作るなら「カードマスター」

クレジットカード返済方法

クレジットカードの使用上限

 まず、それぞれのクレジットカードには上限が決まっています。
 一般カードですと、通常10〜50万円程度です。それ以降、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと上限は上がっていきます。
 その使用限度額以上使うことは基本的に出来ません。(ただし、上限を多少超えた支払いの場合、電話連絡にて許可が下りることもあります。)

返済後、使用限度枠に余裕ができた場合、また使用可能となります。

クレジットカード返済の種類

 返済方法には、大きく分けて4種類あります。

一括払い

 購入代金を、翌月もしくは翌々月の支払日に、一括して払う方法です。金利手数料はかかりません。

分割払い

 購入代金を、指定した回数に合わせ分割して払う方法です。
大抵のクレジットカード会社の場合、2回までは無利息ですが、それ以上の分割は金利手数料がかかります(通常、金利手数料も分割されます)。
 もちろん、重複使用した場合の月々の返済はどんどん大きくなりますので、計画的に使うことが基本です。

リボ払い

 毎月支払う金額を設定して、その金額のみ支払います。
 例えば毎月1万円に設定すると、使用限度額いっぱいまで使っても毎月1万円ずつ払えばよいということです。
重複使用しても、毎月の返済額は一定のそのまま。そのため返済は楽ですが、返済回数が増えて金利手数料が多くかかります。

 現在、リボ払い専用のクレジットカードは多数あります。
リボ専用カードの場合、お店でクレジットカードを使用する際に、いくら「一括払いで。」といっても支払い明細はちゃんとリボ払いになってきます。)

ボーナス一括払い

 購入代金を自分のボーナス月に一括して払う方法です。
例えば、4月に購入して通常5月〜6月に来る請求が、前もって設定しておいたボーナス月になって初めて来るといった感じです。
ボーナス一括払いが不可なクレジットカードもあります。申し込む前に、各クレジットカード会社ホームページにて確認しましょう。)

 それぞれ状況に合わせて計画的に使い分けることが出来ます。
リボ払い専用カードやボーナス払いが無いカードなど、すべてのカードでこの返済方法が使える訳ではありません。作る際には各クレジットカード会社サイトにて確認が必要です。)