オススメ!クレジットカード使用方法 クレジットカードを作るなら「カードマスター」

オススメ!クレジットカード使用方法

 クレジットカードを作るとき、メインで使うカードとその補助カードを作りましょう。
 そして、使用金額をしっかり管理しながら効率よくポイントを貯めるようにしましょう。

メインカード

 まず、ポイントを貯める用にメインのクレジットカードを一枚決めます。
 メインカードには、リボ払いカードは避けた方が良いでしょう。

 食料品店や飲食店、ちょっとしたお買い物など、一回払いでのお支払いは基本的にすべてメインカードを使います。

 このクレジットカードは、提携国際クレジットに加盟店舗数の多い「VISA」もしくは「MasterCard」のどちらかを付けると良いでしょう。
(日本国内でのご利用がほとんどの場合は、「JCB」も良いでしょう。)

 さらにこのクレジットカードでは、携帯料金や電気・ガス・水道など公共料金をこのカードで引き落とせるようにします。
(公共料金の引き落としが出来ないクレジットカードがあるので、事前に確認しましょう。)

 日々の生活に必ずかかる費用をできるだけメインのクレジットカードで払うことで、大きくポイントが貯まります。
 携帯や公共料金は必ず払うものですから、クレジットカード1回払いで払い、金額はそのままでさらにポイントが貰えるようにしましょう。

 ガソリン燃料を安くしたいという方は、メインのクレジットカードにガソリン燃料が安くなるカードを選びましょう。
 燃料を入れる度にポイントが大きく貯まり、さらに貯まったポイントで燃料を安く購入できます。

 よく海外旅行に行くという方は、メインに航空会社と提携したクレジットカードを選びましょう。

  • メインで使うクレジットカードはポイントを貯める用
  • 基本は一回払いで、やり繰りができる範囲で使用する
  • 携帯や公共料金は、メインのカードで引落とす

サブカード

 メインカードの補助カードとしてクレジットカードを一枚作ります。

 メインカードより使用頻度の少ないこのサブカードは、できるだけ年会費無料のクレジットカードが良いでしょう。

 提携国際クレジットには、メインカードで選んだメーカーとは別のメーカーにしましょう。
(例えば、メインで「VISA」を選んだ場合、サブで「MasterCard」か、「JCB」など)

このクレジットカードは、メインカードが使えないお店(非加盟店)のお支払いに使ったり、一回払いで買えないような大きな買い物などをリボ払い・分割払いで使うようにします。

  • サブカードには年会費無料のクレジットカードを選ぶ
  • 提携国際クレジットは、メインと違うメーカーを選ぶ
  • 分割払い等の大きな買い物はサブカードで買う

大きな買い物を、何故サブカードで買うのか

 大きな買い物はその分ポイントも貰えるので、メインカードで払った方が良い気がします。
 しかし、メインカードは基本的に生活に必要な支払い用ですので、あまり大きな買い物をして、メインカードのやり繰りができなくなると困ります。
 そのため、サブカードで使うことをオススメしています。

 もし、大きな買い物をメインカードで支払っても問題がないようでしたら、メインカードを使う方がよいということです。