借金で火の車

借金で火の車

「借金で火の車」などとよく言いますが、火の車ってどういう状態でしょう。

 “地獄にあると言われる火の燃えている車。”
 “生計のきわめて苦しいこと”
(広辞苑より引用)

 この場合、後者のことですね。
 多重債務を背負うようになると、借金を返すためにさらに借金をするといった悪循環が生まれます。
 こうなると、返済計画を見直さなければ、返す見込みは無くなってきます。
毎月赤字の分をさらに借りるってことですからね。

 キャッシングの場合でも、返済計画を立てずに借り入れをして多重債務者に陥ってしまう人がいます。これはキャッシングのせいではなく、もちろん借り主の問題です。

 これからキャッシングを作ろうと思っている人は、ちゃんとした返済計画を立てながら借り入れることを肝に銘じましょう。
 返済計画といっても難しいことではありません。
「給料日まであと5日。10万円程は余裕が出る予定だから5万円借りよう」といった程度のことで十分なのです。

 ギャンブルで負けを取り返そうと、我を忘れてドンドン借りてしまうなんてことは絶対に避けましょう。