消費者金融とキャッシング

消費者金融とキャッシング

 ときどき消費者金融とキャッシングを別物と思っている人がいますが、消費者金融とキャッシングは同一のモノを指しています。

 昔は全て消費者金融と呼ばれていましたが、カードを使ってCD・ATM機からお金を引き出せるようになってから、キャッシングと呼ばれるようになりました。

 当時は消費者金融のイメージがそれほど良いものとは言えませんでした。
それは、使用目的の自由な融資があまり浸透していなかったことが挙げられます。

 大抵の融資の場合、何の目的で借りるのかをはっきりと明記しないと借りれません。しかしながら、実質年率(金利)を高めに設定することで使用目的の自由な融資を可能としたのが消費者金融です。
 そのため、消費者金融は高いものというイメージが定着しました。

 その後、キャッシング業界の市場競争、金利の法改正などを経て、今ではとてもリーズナブルな金利のキャッシングがたくさん出てきました。

 ここで、キャッシングを使う私たちも注意しなければなりません。
 どんなに金利が安くなっても、自由に使えるお金だとしても、計画を立てながら使わなければ自分の首を絞めることもあり得るのです。

 上手に使って、キャッシングを人生の強い味方にしましょう。