キャッシング利用者人口

キャッシングを利用している人口

 現在、キャッシングを使用している人口は、約1400万人と言われています。
 日本の人口約1億2700万人、そのうち未成年者を除くと約7人に一人の割合で、キャッシングを利用していることになります。

 つまり、周りの身近な人もキャッシングを利用していると考えてもおかしくありません。
それほどに、キャッシングは我々の生活に浸透しています。

 キャッシングの性質上あまり公言するものではないため、ひっそりと運用している人が沢山いるのです。
 また、不況の煽りを受けて、今後キャッシング利用者はさらに増えると予想されています。

 あなたがもし、キャッシングを考えているのであれば、計画的に利用することで、とても心強い味方になってくれることでしょう。

(※日本信用情報機構《JICC》総務省の各種データ参照)