キャッシング実質年率の決定

キャッシング実質年率の決定

キャッシング実質年率は、契約貸し付け限度額と審査により決定しますが、実質年率に幅があるキャッシング会社の場合でも初めは年率も高め、もしくはそのキャッシングローンの最高年率になります。(各社設定範囲内)

 例えば、実質年率15,0〜18,0%のキャッシング会社の場合、大抵18,0%からのご利用ということです。

 実質年率の決定は、貸し付け限度額によって大きく変化します。
貸し付け限度額が高ければ高いほど、実質年率は低くなりますが、希望貸し付け限度額が高くなると審査も厳しくなってしまいます。

 通常、キャッシング新規のお客様に対してはお取り引きの実績がないため、高額のお取り引き契約の場合、審査も慎重になってしまいます。

 名前の知れた大きな会社に長く勤められていて、さらにお給料に余程の自信がない限り、貸し付け限度額を高額に希望されることはオススメできません。

 まずは審査通過されてから、徐々に実績を残して年率を下げることも必要です。

 信用が一番大事なモノですので、使っていく上で返済遅れ等がなければ年率も低くして、限度額も増やすことが可能です。(各社設定範囲内)

 キャッシング選択の決めては実質年率も当然ですが、そのキャッシング会社のサービスの内容自分の地域での使い勝手の良さを考えることも重要です。