キャッシングの審査

キャッシングの審査

 申し込みの際、キャッシングローンの希望貸し付け限度額を聞かれますが、希望が50万円を超える場合、ほとんどのキャッシングローンでは、より審査が厳しくなります。

 例えば、通常は大体の年収を自己申告するのですが、希望限度額が高額の場合、正確に給料明細書のコピーを要求されたり、現在の会社の勤続年数がまだ短かったりすると不利になったりします。
希望貸し付け限度額は希望であって、必ず希望金額まで使わなければいけない訳ではありません。)

 また、金融機関にはそれぞれ「個人信用情報機関」によって他金融機関からいくら借りているか返済未納があるか等、すべての金融会社が同じようにカンタンに分かる様になっています。

 何度も返済が遅れたり、滞納したりすると「個人信用情報機関」に俗にいうブラックリストとして残ってしまいます。

 この場合、審査通過はより厳しくなってしまいます。

 もちろん普通にご利用、ご返済していれば、幾ら使おうが問題ありません。逆に優良顧客とみなされます。

 このことは、キャッシングローン使用時も同じであり、優良顧客であれば年利率の引き下げや限度枠の拡大も可能となります。

希望限度額を高額にする理由

 希望限度額を高くする理由には、2つの意味があります。
1つはもちろん、利用できる金額に余裕を持たせるためですが、もう1つは、実質年率を下げるためです。

 実質年率は、基本的に貸し付け限度額の増枠に伴って下がっていきます。
 利息の少ない方が、使い勝手が良いのは当たり前です。
そのため、希望限度額を高くする場合があります。

 しかしながら、審査に通過しなければ意味がありません。

 実質年率を下げる(増額する)には、ある程度キャッシングを使用した上での実績(信頼)を残すことも重要なのです。
 ご自分の年収に余程の自信がない限り、希望限度額も無理をせずに審査に通ることを優先した方が良いと思います。